メインイメージ

手続きを簡単に

会社設立の手続きを簡単に進める方法

会社設立をしようと検討したときには、会社についてはいくつかの形態がありますので、どの形態によって会社設立を行うのか考える必要があります。

会社は形態によって、出資の方法や出資者における責任についての事柄が変わってくることを把握しておいたほうが良いでしょう。

法人の種類には株式会社や合同会社、合名会社などがあり、それぞれにおいて手続きの仕方や特徴が異なってきます。

2006年に会社法が施行されたことで資本金における規制が撤廃されたことや、取締役が1人でも設立が可能なこともあって、自由な内容によって株式会社を設立することが可能となっています。

これによって合名会社や合資会社を設立するメリットが少なくなったということができて、会社設立について株式会社を選択する人が多くなっています。

株式会社を設立するためには、いくつかの手続きを完了させる必要があります。

設立方法としては、発起設立と募集設立という2つのうちからどちらかを選ぶ形になります。

まず、会社設立をする上で会社についての概要を決める必要があります。

商号や事業の目的、出資者や資本金、役員、本店の所在地など、会社設立をしていく上で必要になってくる項目について決定を行います。

会社名である商号が決定したら、会社の実印を作ります。

会社を設立した後に請求書を発行するときに必要になってきますので、実印や角印、銀行印などを準備しておくようにしましょう。

定款を認証する必要がありますので、そのときに発起人全員における印鑑証明書が必要になりますし、設立の登記を行うときに代表取締役の印鑑証明書が必要になりますので、早めに準備しておくことがおすすめとなります。

会社設立を行う上での、会社の概要に基づいて定款の作成を行います。

一般的には行政書士などの法律の専門家に依頼して、定款の作成を行うことになります。

法律的な知識がないと難しい手続きになると言うことができますし、依頼した際にには数日で完成します。

公証人役場において定款の認証を受けることで、定款に効力が発生します。公証人役場にて手続きを行うときには、定款認証手数料や収入印紙代などが必要になります。

発起人代表者の個人の銀行口座において、全員に出資者が資本金の振り込みを行います。

資本金の払い込みの証明を行ってから、会社設立の登記を行います。
登記については司法書士に依頼することで、手続きを簡単にすすめることが可能となります。