メインイメージ

最近の投稿

有限会社の会社設立について

有限会社の会社設立について

有限会社としての新規の会社設立は平成18年の改正会社法の施行に伴い、有限での会社設立は出来なくなりました。それ以前の有限会社は法的に特例有限会社として扱われる事になり、商号に継続的に有限会社を使うことが認められています。ですので、これから有限として会社設立するのであれば、休眠会社を買い取る以外方法がありません。通常の株式会社と違い、有限特有のメリットがありますので、会社売買の市場でも有限は人気です。そのメリットとは、株式会社では必要不可欠な決算公告が不要であると言うことです。株式会社では定時株主総会の後には必ず決算公告が必要になりますが、有限にはそれがありません。次に役員に任期がない事です。株式会社には任期があり、再度の役員の選出を経て再度の登記が必要になりますが、有限にはそれがありません。そして、会社名から歴史のある会社だということがわかるということです。平成18年5月から有限会社の会社設立は出来なくなりましたので、設立時はそれより古いことになります。古いという事はそれだけ歴史があることにつながり、その歴史が信用になります。そして、改正会社法に伴い、これまでは有限では出資者の上限が50人以下と定められていましたが、この上限が取り払われることになりました。株主間での株の譲渡制限が株式会社にはありますが、有限にはそれがありません。これはデメリットにもなりうる事ですが、会社の知らないところで持ち株比率が変わってしまい、株主の力関係にも変化が生じますので、このような心配がある場合は、株式会社での設立をお勧めします。会社設立となると以上の様な事を考慮に入れて選ぶことになります。有限の休眠会社を買うときの注意点ですが、簿外債務や保証債務などがない事、会社に倒産歴や行政処分歴がない事、税務上の国税や地方税の滞納がない事などをきちんと確かめてから買い取るようにしてください。これらの点に引っかかる様であれば、会社を運営するに当たり大きな障害になります。特に借り入れなどを考えていらっしゃる場合などは、これらの問題は致命的になります。ただ、使いようによっては、過去の青色繰越赤字を引き継げるために税制上有利に働くこともあります。また、業種が貸金業や不動産業や建築業などの場合も有利に働きます。そして銀行に当座の口座があれば、さらに有利に働くでしょう。どの様な業種で、どの様に経営をしていくかによって会社設立方法を選んでください。

会社設立で苦労をしやすいポイント

会社設立で苦労をしやすいポイント

会社設立には、さまざまな苦労が伴います。

さまざまな経験を積むことによって、これからのビジネスに生かすこともできるでしょう。しかし、会社設立をするときには、できるだけ苦労をしない方が良いことには変わりありません。

スムーズに会社設立をするためにも、躓きやすいポイントを理解しておき、最初から対策を立てておきましょう。

会社設立は、会社の印鑑がなければ手続きをすることはできません。しかし印鑑を作っておくのは、他の準備に比べると意外と後回しにしがちです。

会社実印、会社銀行印、会社角印の3つは必ず必要になりますから、できるだけ早めに用意しましょう。

ハンコ屋には、これら3つの印鑑がセットになったセットが販売されています。
特にこだわりがなければ、セットで購入しておくのがおすすめです。ちなみに印鑑ができるまでの期間は最短なら3日、長くても1週間ほどです。

ハンコ屋によって期間は異なりますが、ある程度の余裕を持って注文しましょう。多くの人が会社設立で苦労をするのは、手続きです。

定款を決めて認証を受ける、登記申請書を作成して申請をするなど、いくつもの段階を踏んで手続きは進めなければいけません。

手続きをするためには、数多くの書類が必要になります。

また、提出する書類はフォーマットが決まっているので、間違った箇所があると受け付けてくれません。

調べながら個人で会社設立の手続きをすべておこなうことはできますが、必ず苦労をすることになるでしょう。

手続きを個人でするのは良い経験になりますが、スムーズに会社設立をするためには個人でやってはいけません。

会社設立の手続きから逃れるためには、代行サービスを使いましょう。代行サービスを使うことによって、必要書類を集めたり作成する必要がなくなります。

ただし代行サービスは、それぞれ異なります。料金やサポートの内容などが違うので、信頼性や実績などを考えながら選んでください。

会社設立では、このような苦労をすることがあります。大変な思いをしたばかりに、トラブルが頻発して設立するまで時間がかかったり、設立後のビジネスに悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

しかし、会社設立で伴う大変な作業は、準備をしてサポートを受ければ回避することも可能です。

無駄を省いて効率的に起業をするためにも、サポートを受けることを考えながら準備を整えましょう。準備をしてから取りかかれば、スムーズにビジネスが始められます。