メインイメージ

有限会社の会社設立について

有限会社の会社設立について

有限会社としての新規の会社設立は平成18年の改正会社法の施行に伴い、有限での会社設立は出来なくなりました。それ以前の有限会社は法的に特例有限会社として扱われる事になり、商号に継続的に有限会社を使うことが認められています。ですので、これから有限として会社設立するのであれば、休眠会社を買い取る以外方法がありません。通常の株式会社と違い、有限特有のメリットがありますので、会社売買の市場でも有限は人気です。そのメリットとは、株式会社では必要不可欠な決算公告が不要であると言うことです。株式会社では定時株主総会の後には必ず決算公告が必要になりますが、有限にはそれがありません。次に役員に任期がない事です。株式会社には任期があり、再度の役員の選出を経て再度の登記が必要になりますが、有限にはそれがありません。そして、会社名から歴史のある会社だということがわかるということです。平成18年5月から有限会社の会社設立は出来なくなりましたので、設立時はそれより古いことになります。古いという事はそれだけ歴史があることにつながり、その歴史が信用になります。そして、改正会社法に伴い、これまでは有限では出資者の上限が50人以下と定められていましたが、この上限が取り払われることになりました。株主間での株の譲渡制限が株式会社にはありますが、有限にはそれがありません。これはデメリットにもなりうる事ですが、会社の知らないところで持ち株比率が変わってしまい、株主の力関係にも変化が生じますので、このような心配がある場合は、株式会社での設立をお勧めします。会社設立となると以上の様な事を考慮に入れて選ぶことになります。有限の休眠会社を買うときの注意点ですが、簿外債務や保証債務などがない事、会社に倒産歴や行政処分歴がない事、税務上の国税や地方税の滞納がない事などをきちんと確かめてから買い取るようにしてください。これらの点に引っかかる様であれば、会社を運営するに当たり大きな障害になります。特に借り入れなどを考えていらっしゃる場合などは、これらの問題は致命的になります。ただ、使いようによっては、過去の青色繰越赤字を引き継げるために税制上有利に働くこともあります。また、業種が貸金業や不動産業や建築業などの場合も有利に働きます。そして銀行に当座の口座があれば、さらに有利に働くでしょう。どの様な業種で、どの様に経営をしていくかによって会社設立方法を選んでください。